キス専用美容液ヌレヌレ(Nule Nule)の感想


グロス&美容液の2つの効果をもつ
ヌレヌレ(Nule Nule) の感想です。


ヌレヌレは、男性がキスしたいと思う唇をあらゆる角度から研究してつくられた
キス専用美容液。贅沢なマキシリップをベースにローヤルゼリーや
数種類のハーブを配合。塗って見た目をごまかすのではなく、
その人本来の唇を『ふっくら』『スベスベ』『ピンク色』に整え、
いつでもキスしてOKの健康的且つセクシーな唇がテーマの美容液。


5種類の定番の香りの他に、
季節・イベントごとに限定フレーバーがいくつも出ている人気の商品です。

ヌレヌレ(Nule Nule) は、その発売を待ちに待って買いました。
それは、2つ期待していることがあったから。

1つ目は、美容液としての効果
ヌレヌレを使う前まではドラッグストア等にうっているリップクリームを
メインに使っていたんです。
が、乾燥する季節になるとリップを何回ぬっても唇の皮がむけて
バサバサになってしまっていました。

ヌレヌレなら、この悩みを解決してくれるんじゃないか!?
と、LCにハマリたての私は考えたわけです。

2つ目は、グロスとしての効果
それまで使っていたグロスは、ツヤは良かったのですが、
いかにも「つけてる!」っていう感じが苦手でした。
しかも、唇に負担をかけているような気分になるし。
ヌレヌレは粘度にこだわって、「見た目はツヤツヤなのにさっぱり」
ということだったので、どんなものなのか使ってみたい!
と思い、購入しました。

こうやって使いました

一番最初は、ローズの香りが好きなので「ヌレヌレ・ゴージャスキッス 」を購入。
下の部分をカチカチと回すとグロスが出てくるのですが、
最初なかなか出てこなくて
「いつになったら出てくるのー!」 と、勢いよくカチカチカチ・・・
っと回しすぎて、一気にドバッと出てきてしまいました;
ヌレヌレの説明のところにも書いてありますが、様子をみてゆっくり回しましょう。

つけてみると綺麗なツヤツヤ唇になりました!
自分の唇じゃないみたいで、何度も鏡を見たくなるほど。

皮がむける等して唇が荒れているときは、ヌレヌレをつけてから
指の腹でクルクルと唇をマッサージ。
何回か繰り返すと荒れが治っていきます。
唇ケアに力を入れる時は、夜にこのマッサージをするのがオススメ。
朝起きた時には健康的なふっくら唇になっているはず♪
寝る直前なら食べたり飲んだりしないので、ヌレヌレが落ちることもありませんからね。

使ってみた効果

美容液としても、グロスとしても、期待していた通りの効果!
リップクリームをぬってもガサガサ唇が治らなかったのが、
ヌレヌレで見違えるほどキレイになりました。
女友達から、「いつもすごく唇きれいだね!どこのグロス使ってるの?」
と聞かれるほど。
彼氏からは「すごい、唇プルプルだね!」と言ってもらえました^^
キスの回数が増えたとかはありませんが、ヌレヌレの美容液効果で
ふっくら柔らかな唇になったのを喜んでくれました♪


何といっても、自然なうるうる加減がイイ。
自然だけど、人の目はしっかり惹きつけます。
ヌレヌレを塗ると塗らないとでは顔の印象がだいぶ変わってくるので、
今ではお出かけの時の必須アイテムになっています。

ヌレヌレ(Nule Nule)の感想・まとめ

1本で美容液とグロスの両方に使えるヌレヌレは今では欠かせない存在。
(というか、発売から1回も切らしたことはありません。)
以下、香りごとの簡単なレビューです↓

ヌレヌレ・フレッシュキッス


甘酸っぱい柑橘系の香り。
定番ヌレヌレの中で一番さっぱりとした使い心地。



ヌレヌレ・スウィートキッス


クラリセージの香り。私は甘~い紅茶のような香りに感じました。
初代ヌレヌレの中では1番人気を誇っていました。



ヌレヌレ・ゴージャスキッス


ブルガリアローズの香り。
ローズの香りが好きな方には至福の香り。
あまり好きじゃない人には、「唇から薔薇の香りがするのはちょっと…」
と不評な様子。ちなみに、私は大好きです!



ヌレヌレ・ラブリーキッス


クランベリー&ラズベリーの香り。
もともとは季節限定商品だったのが、めでたく定番化。
ヌレヌレの中で一番甘い香りだと思います。



ヌレヌレ・マスカットキッス


名前の通り、マスカットの香り。
ヌレヌレの中で一番おいしい香りは間違いなくこれ。
マスカットが特別好きなわけじゃなかった私でも、
この美味しい香りに夢中になりました。
最近のメイン使いはこのマスカットキッスです。



この5つの定番ヌレヌレ以外にも、季節限定ヌレヌレが発売されています。
ぜひ、お気に入りのヌレヌレを見つけてみてくださいね♪

>>キス専用美容液ヌレヌレ(Nule Nule)の詳細はコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ